町田で家族葬を希望するなら喪主にしっかり伝えること

   

これまでは葬儀といえばできる限り豪華な祭壇を用意し、できる限り多くの参列者を集めること、すなわちできる限りお金をかけることが良いことだという考えがありました。葬式を安く上げるなどということは、故人に対してもまた参列者に対しても失礼なことで、家の恥だというとらえ方です。式にかかる金額といえば100万円から200万円で、参列者も100人は集まってほしいというのが一般的な考えだったでしょう。
ところがここ数年で葬儀の常識は町田でもがらりと変わってきています。長引く不況の影響や宗教心の希薄化、親類、地域住民との人づきあいのスタイルの変化から、葬式に莫大なお金を費やすという姿勢が見直されてきています。無理をして盛大な式をするよりも、質素でこじんまりとした家族葬がやりたいという思いが高まってきているのです。

コンパクトな葬儀が増えている

式の参列者が増えれば、おもてなしの費用も増えてきます。遺族の精神的な負担も大きくなるでしょう。故人のためにと大勢の知り合いに声をかけ、大勢の参列者を集め、結果莫大な費用になってしまう、いろんな気苦労をする、そんな時代はもう終わったといっていいのかもしれません。
だからと言って葬儀なんてどうでもいい、という時代になったということではなく、むしろきちんと葬儀について考えるという風潮になってきた結果、家族葬というコンパクトな葬式が町田でも流行しているのです。その葬儀において、主に誰が考えているかというと、生前故人である本人が考えているケースが多いです。家族に負担をかけたくないとか別に豪華な葬式を出してもらいたいとは思わないとか、業者の言いなりになりたくないとか自分の葬式のスタイルは自分自身で決めたい、そう考える人が増えた結果、家族葬への注目が集まりました。

喪主に自分の希望を伝えましょう

もちろん葬儀は人それぞれの意義と価値観によって行われるものですから、これが正解というものはありません。しかしこと葬式の規模に関しては、これまでの大きいほうが良いという常識はもはや常識ではないということです。葬式が100万円以上かかるものとされる時代は終わりました。今は100万円以下が葬儀の主流であることを、知っておいてください。
故人が生前に小さなスタイルの葬儀を希望していたとしても、それをかなえる人がいなけれ実現できません。普段から葬儀について家族と話し合い、特に喪主となる親族とはよく話し合っておきましょう。現在ではエンディングノートと呼ばれる、自分の死後の希望を記入するノートも出回っています。葬儀の話し合いなんて縁起でもないと話し合いができない人は、このノートを記入してもよいでしょう。喪主になる人にこんなノートがあるということも、知らせておいてください。

ピックアップ記事

町田で需要が高まっている家族葬はどんな内容か

葬式というとお通夜をして告別式をしてから火葬するのが一般的で、時間も精神的疲労もコストも負担となっていました。時代とともに最期のお別れのしかたも多種多様になってきて、最近では形式にこだわるのではなく、...

費用を抑えた家族葬プランがある町田

70代、80代ぐらいの年齢になると現役で働いていた頃に比べると、交友関係も少なくなっているため、家族葬を希望する方が増加しています。家族葬は親しい友人や家族、親族だけで行う小さなお葬式ですが、アットホ...

家族葬にあたっての町田市内での生前相談

家族や親戚が亡くなった際の葬儀のしかたには、さまざまなものがあります。それだけではなく、高齢化社会といわれる現代にあっては、本人自身が亡くなった後の葬儀のあり方をあらかじめデザインしておくことも重要で...

町田で家族葬を希望するなら喪主にしっかり伝えること

これまでは葬儀といえばできる限り豪華な祭壇を用意し、できる限り多くの参列者を集めること、すなわちできる限りお金をかけることが良いことだという考えがありました。葬式を安く上げるなどということは、故人に対...


ポイント