家族葬にあたっての町田市内での生前相談

   

家族や親戚が亡くなった際の葬儀のしかたには、さまざまなものがあります。それだけではなく、高齢化社会といわれる現代にあっては、本人自身が亡くなった後の葬儀のあり方をあらかじめデザインしておくことも重要です。家族と離れて生活しており、身寄りがないという場合にはなおさらですし、そうではないとしても、家族になるべく負担を掛けず、しかもその人らしさを前面に打ち出すことができる方法を考える機会は、当然ながら生前以外にはあり得ません。葬儀社のなかにはコンシェルジュ役を果たす専門のスタッフを店舗に配置して、何か不安なことや疑問に思うことがあった場合には、いつでも相談に応じることができる体制を整備しているところもあります。こうしたところでの生前相談なども選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

葬儀にまつわる疑問点のいろいろ

自分の葬儀は誰であっても一生に一度といえますが、逆にいえば日常的なものではないことから、いざ執り行うとなった場合には、さまざまな疑問点が生じるものです。たとえば先祖代々の菩提寺が地域に存在していない場合には、どのような寺院に当日の導師を依頼すればよいのか分かりませんし、ほかにも宗派による焼香をはじめとした作法の違いなども気になるところです。また葬儀には多額のコストが掛かることは認識できたとしても、それが具体的にいくらになるのかは、葬儀社のスタッフに確認しなければ把握することができません。このように疑問点はいくらでもありますが、亡くなった際にいきなりふりかかる問題としてはあまりにも大きすぎますので、やはり事前に相談ができる機会をつくっておくことは不可欠です。

町田で家族葬という選択肢がある

特に本人が事前に葬儀のプランを考える場合には、残された家族のために、コストを引き下げる手段がないかどうかを含めて決めることが重要です。全国的に見ればまだ普及していない地域はあるものの、東京都町田市であれば家族葬というプランが選択できます。これは亡くなった人の家族や親戚などのごく親しい人だけで行う小規模な葬儀のことで、単なる社会的な儀礼のひとつとして参列する人たちに遠慮してもらうことができ、内容のある葬儀とする上でも望ましい形態です。当然ですが小規模なだけにコストの削減における効果も大きく、遺族の負担を軽減する意図もあります。葬儀のなかでは新しいタイプなだけに、費用や当日の進行などを含めた疑問を解消するためにも生前相談をしておくことが勧められます。

ピックアップ記事

町田で需要が高まっている家族葬はどんな内容か

葬式というとお通夜をして告別式をしてから火葬するのが一般的で、時間も精神的疲労もコストも負担となっていました。時代とともに最期のお別れのしかたも多種多様になってきて、最近では形式にこだわるのではなく、...

費用を抑えた家族葬プランがある町田

70代、80代ぐらいの年齢になると現役で働いていた頃に比べると、交友関係も少なくなっているため、家族葬を希望する方が増加しています。家族葬は親しい友人や家族、親族だけで行う小さなお葬式ですが、アットホ...

家族葬にあたっての町田市内での生前相談

家族や親戚が亡くなった際の葬儀のしかたには、さまざまなものがあります。それだけではなく、高齢化社会といわれる現代にあっては、本人自身が亡くなった後の葬儀のあり方をあらかじめデザインしておくことも重要で...

町田で家族葬を希望するなら喪主にしっかり伝えること

これまでは葬儀といえばできる限り豪華な祭壇を用意し、できる限り多くの参列者を集めること、すなわちできる限りお金をかけることが良いことだという考えがありました。葬式を安く上げるなどということは、故人に対...


重要点